FrontPage

こんにちは、ドラッカー学会大阪支部長の江木です。

 ドラッカー学会大阪支部は、ドラッカーにならって正統保守主義です。自ら、そして自分たちが所属する組織から、住んでいる地域から、さらには大阪を、日本を、そして世界中を元気にしようと考えています。

 私たちは子供の頃から学ぶことが正しいようなパラダイムを植えつけられていますが、ドラッカーはその前に成果をあげる能力の必要性を説きます。それを忘れてしまうと、学習オタクになってしまう。典型的にそのようなパラダイムを持っている私がドラッカーに出会わなければ、今でも高いお金を払って、様々な自己啓発セミナーへの参加、学習教材の購入、役にも立たない資格取得へのチャレンジを繰り返していたであろうと思うと、ぞっとします。そんな私の目を覚ましてくれたのが、「知力や想像や知識と成果をあげることとの間には、ほとんど関係がないばかりでなく、成果をあげる能力がなければ、成果の限界を設定するだけである」というドラッカーの言葉でした。

 人を幸福にすることに最も基本的な関心を持っていたドラッカーが社会(組織)の中の人間という視点において、そのノウハウを体系化したのが「マネジメント」であるにも関わらず、世の認識は少しズレテいるように思います。すなわち、資本主義社会ではマネジメントはうまく機能しない。言い換えるならば、マネジメントがうまく機能している社会が人を幸福にする社会なのだと思います。よって、私たちドラッカリアンには、ドラッカーの遺産を未来につなげることにより、人を幸福にする社会である「ポスト資本主義社会」を実現するための水先案内人という使命があるのです。

 ドラッカーの話がしたくて仕方がない方、ドラッカー思考を世に広めたいと考えている方は既にドラッカリアンです。是非、ドラッカー学会会員となって大阪支部の活動を支援していただければ幸いです。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional